…進学して、資格も取れて、で、で。

もちろん順風満帆、全部がトントントンってわけはなく、それなりの山谷は経験。目指せ?保育士の道。道中それなりにそれなりで。。。

「保育実習」

もちろん、学校で経験させていただきました。が。保育士として働きたい~!の人、ではなかった私。なので、周りの目は私が不思議というか変人に見えたことでしょう。保育園入園検討してる一保護者的な見学というか、社会科見学に近い感覚、いや取材?スパイ??楽しかったです。

未だに、自分でも謎なのが「実習日誌」。学校でも先生が「実習日誌はずっと大事になるよ~」的な事をおっしゃっていたのですが、私には未だに謎のままきてしまってます。大事といえば大事ですが…人それぞれといったところでしょうか。「自分が保育士として働く」を想像して書いてましたが、なんだか偽装してる?感じがして、実習終えた時は心底ホッとしましたね。気持ちがないのにやらされてる感って、具合悪くなります。これを一般的にストレスというんでしょうけれど、考え方を真逆にしたら物事全部楽に処理できる(ような気がする、だけかもしれない、言いきれないのはまだまだ未熟で伸びしろある証拠?ポジティブ万歳)。おかげで、より一層自分が変人化www社会適応しつつ楽に生き抜くのって、肉体の老化が加齢に対して反比例してくれれば、大変さも軽減するような??な~んちゃって。知恵でなんとかできるほどの賢さがない情けない言い訳デス。(…続く)